DL-メチオニンの肌への効果(効能)と副作用

DL‐メチオニンは、ロスミンローヤルに含まれる有効成分のひとつです。あまり耳慣れない名前かもしれませんが、私たちの体内では合成する事ができない必須アミノ酸なので、食事などから摂取しなければならない重要な成分になります。

 

特に肝臓の働きに関係が深く、不足するとさまざまな弊害も起こります。この記事では、DL‐メチオニンが肌にもたらす効果・効能や副作用の有無についてを、掘り下げて紹介します。

 

DL‐メチオニンの特徴

DL‐メチオニンのDLとは合成方法によるもので、他にはD体やL体メチオニンがあります。分子内に硫黄を含んだ含硫アミノ酸であるメチオニンは味がわずかに苦く、独特のにおいがあります。多くのタンパク質に含まれ、特に多い食材はシジミやマグロ、チーズ、エノキタケなどです。

 

DL‐メチオニンの肌への効果

DL-メチオニンの摂取には、次のような健康効果が期待できます。

 

  • 肝機能を高める
  • アレルギー症状を緩和する
  • うつ症状を改善する
  • 老化防止
  • 薄毛を予防する

 

特に肌の健康に直結するのが、老化防止と肝機能を高める効果です。

 

老化を抑制するDL‐メチオニン

DL‐メチオニンの摂取は、免疫力のアップや細胞の老化抑制に効果があると言われています。抗酸化力が強く、老化防止には欠かせないミネラルにセレンという物質があります。

 

メチオニンには、セレンを運び体内の抗酸化作用を高める作用があります。抗酸化作用が高まれば、紫外線などによって生じる活性酸素を除去しやすくなり、シミ・そばかすや小ジワの予防・改善につながります。

 

肌と肝機能との関係

肝機能と肌は一見何の関係もなさそうですが、実は深いつながりがあります。

 

肝臓には物質を代謝して栄養を蓄えたり、体内に入ってきた有害物質などを解毒したりする働きがあります。この働きが悪くなると、身体に弊害が出てきます。

 

私たちは毎日の食事や呼吸で、添加物や有害物質などの身体に不要なものを体内に入れています。通常、これらは肝臓によって代謝・分解の後に無害化されますが、肝機能が低下していると、代謝しきれなかった有害物質はそのまま血流に乗ってしまい、くすみや肌荒れの原因になります。

 

また、働きが悪くなった肝臓では栄養素を貯蔵できず、身体の隅々まで栄養が行き渡らなくなります。その結果、肌に必要なビタミンB群などが不足する事となり、ニキビや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルが引き起こされます。

 

DL‐メチオニンの肝機能を高める作用は、こうした肌トラブルの改善や予防に役立ちます。

 

DL‐メチオニンの副作用

健康効果が期待できるDL‐メチオニンですが、摂りすぎは逆効果です。起こりやすい副作用として、吐き気や嘔吐、めまい、低血圧、嗜眠、興奮などの症状が報告されています。嗜眠とは、強い刺激を与えないと反応しない眠ったような状態のことです。

 

また、肝機能障害を持つ人が過剰摂取をすると、症状が悪化する恐れがあり、総合失調症の人ではせん妄や混乱といった意識障害が起こる場合があります。その他、動脈硬化のリスクを上げる恐れもあります。

 

メチオニンの1日の目安摂取量は、通常であれば体重1kgに対し100mgと言われています。食事から摂る分には、過剰摂取の心配はまずありません。食事以外での摂取を考える場合には、摂りすぎにならないように十分に注意しましょう。

 

何らかの疾患を抱えている場合には、事前に医師に相談する事が重要です。

 

DL‐メチオニン配合のシミ、シワ対策医薬品

一般用として販売されている医薬品で、シミやシワ対策に効果を示す商品は、ロスミンローヤル以外にはひとつしか見当たりませんでした。

 

そもそも、一般用医薬品でDL‐メチオニンが配合されたものは少なく、それらも肝機能改善をメインにしています。メチオニン単体ではサプリメントとして売られているものがありますが、そちらはL体のメチオニンが使用されています。

 

ロスミンローヤル(第3類医薬品)

最近ではSNSでも話題に上がる事が多いロスミンローヤルは、シミのほかに国内で唯一小ジワ改善に効果がある医薬品として知られています。

 

ローヤルゼリーやL‐システイン、ビタミンB群やビタミンCなどの有効成分と共に、DL‐メチオニンが配合されています。配合量は1日量中に100mgなので、長期摂取をしても摂りすぎになる心配はありません。

 

また、血行や新陳代謝を整える9種類の生薬が配合されているので、肌トラブル以外に冷えや肩こりなどの改善にも効果があります。

 

ロスミンローヤルを製造しているのは、大阪市内の製薬会社「米田薬品株式会社」ですが、販売に関してはアインファーマシーズが一手に請け負っています。薬局やドラッグストアなどでの取り扱いはしておらず、公式サイトのみの販売です。

 

1箱30日分の通常価格が税抜7,600円のところ、今なら初回購入に限り税抜1,900円となり、定期購入コースを利用すれば2回目以降も割安価格で買う事ができます。1回の服用量は3錠で、1日3回食後に水かぬるま湯でかまずに服用します。対象年齢は15歳以上です。

 

ネオ小町錠(第2類医薬品)

ネオ小町錠を製造販売しているのは、神戸市にある「摩耶堂製薬株式会社」です。1935年の創業以来、生薬販売や和漢薬をベースにした独自開発の一般用医薬品を開発・販売しています。ネオ小町錠は、主にストレスや不規則な生活などによるニキビ・吹出物の治療と予防を目的に作られた医薬品です。

 

キキョウやセンキョウなどの排膿作用を持つ生薬10種類に、サンキライやニンドウ・レンギョウといった解毒作用を持つ生薬、加えて肌を整える作用を持つ成分として、ニコチン酸アミドやリボフラビン、アスコルビン酸などと共に、80mgのDL‐メチオニンが配合されています。

 

ニキビや吹出物以外には、シミ・そばかす、じんましん、皮膚炎、口唇炎、アレルギー体質、シモヤケやあかぎれの治療と予防に効果があります。

 

用法・用量は、1回3~5錠を1日2~3回、年齢や症状に応じて水かお湯で服用します。5歳未満の服用はできません。また、授乳中の人は服用しないか、服用した場合は授乳を避けるように注意が促されています。

 

商品のメーカー希望小売価格は、126錠入りが税抜2,100円、270錠入りが税抜3,600円です。LOHACOやアマゾン、楽天市場で買う事ができます。

 

どちらの商品も生薬成分が配合されており、肌への高い効果が期待できそうです。しかし、多くの人がかかえる小ジワの悩み改善や、全身の血行促進という点から見ると、ロスミンローヤルの方がおすすめです。

 

必須アミノ酸のひとつであるDL‐メチオニンは、不足する事がないように、食事などからしっかりと摂取する必要がありますね。肝機能を整える作用が、肌にも良い影響を与える事には驚きました。

 

しかし、摂りすぎればかえって悪影響が出る場合があるので、医薬品やサプリメントを利用する場合には、摂取量に注意しましょう。

関連ページ