うっかり日焼けを緩和するおすすめのアフターケア方法

想像した以上に日差しが強かったり、つい日傘や日焼け止めを忘れてしまったりして、思いがけず日に焼けてしまう事があります。この「うっかり日焼け」をそのまま放っておくと、皮膚が炎症を起こして、後々のシミや小ジワなどの原因にもなります。

 

日焼けの後には正しいアフターケアをして、紫外線による肌へのダメージを最小限に抑えておきましょう。ここでは、うっかり日焼けの緩和におすすめのケア方法を紹介します。

 

うっかり日焼けのアフターケア方法

日焼け後のケアは、身体の外側と内側の両側から行う事が大切です。特に外側からのケアは順番や方法を間違えてしまうと、かえってダメージを大きくしてしまう場合があります。ポイントを押さえて、効果的にケアを行っていきましょう。

 

冷やして炎症を抑える

日焼けとは一種のやけどなので、何よりもまず患部を冷やすことが大切です。紫外線の影響で赤くなったりほてったりしている部位は、軽い炎症を起こしています。濡れタオルなどですぐに冷やしましょう。

 

日焼けが全身に及ぶ場合には、水風呂や水シャワーも効果的です。濡れタオルなどを使う場合にはくれぐれも擦らないようにし、水シャワーを浴びる際には水圧の加減に注意しましょう。強すぎると肌に刺激を与え、さらに炎症を深める恐れがあります。

 

また、水風呂や水シャワーを利用する場合には、身体が冷えすぎるのを防ぐため、あまり長時間使わない方が良いでしょう。

 

ほてりが落ち着いたら、外部からの刺激を最小限に抑えるために肌の保護につとめます。この時、普段使用している化粧水などでは刺激が強すぎる場合がありおすすめできません。ダメージを受けた肌にも刺激なく使えるワセリンなどを塗り、保護と同時に水分の蒸発を防止します。

 

メイクや日焼け止めを塗っている場合

メイクや日焼け止めはそのほとんどで刺激が強く、日に焼けた肌には特に負担になります。ほてりが落ち着いたら、なるべく早く落としましょう。この時も、敏感肌用などの刺激の少ないものを使用する事が大切です。泡立てるタイプの製品なら泡で包むように、クリーム状のものなどは強くこすらずに優しくなじませましょう。

 

また、洗い流すお湯の温度にも注意が必要です。40℃を超えるような熱いお湯では刺激が強すぎるので、低めのぬるま湯を使用します。もしも、クレンジング剤の刺激で肌に傷みを感じた場合にはすぐに使用を中止し、ぬるま湯で洗うだけにしましょう。

 

日焼けの状態がひどい場合

赤み程度では治まらず、水泡ができているような日焼けの場合、セルフケアではかえって状態を悪化させることがありますので、皮膚科を受診しましょう。

 

抗酸化作用のある食物を摂取する

日に焼けると体内では大量の活性酸素が作られ、シミや小ジワなどの肌トラブルを引き起こします。抗酸化作用のある栄養素を含んだ食物を積極的に摂り、身体の中からもケアをしましょう。新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促し、日焼けからの回復を早めるのに役立ちます。特にビタミンC、ビタミンA、ビタミンEが効果的です。

 

ビタミンC

ビタミンCは強い抗酸化作用を持つだけでなく、コラーゲン生成を促進させる作用があります。また、ビタミンCには酸化してしまったビタミンEを再生する働きがあります。

 

ビタミンCを多く含む食物には、オレンジやレモンなどの柑橘類をはじめ、アセロラ・イチゴ・キウイなどの果物のほか、ピーマンやパプリカ・ゴーヤなどの野菜があります。

 

ビタミンA

抗酸化作用に加えて、皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素で、動物性食品に含まれる「レチノール」と、植物性食品に含まれる「カロテン」の2種類があります。カロテンは体内でビタミンAに変わるため、プロビタミンAとも呼ばれ、食品に含まれるほとんどがβカロテンです。

 

レチノールはレバーやウナギ、卵黄・チーズに、βカロテンはカボチャやニンジン・パセリなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ビタミンE

活性酸素が過剰にできるのを抑えるほか、血流を改善して細胞の新陳代謝を活性化する働きがあります。ビタミンCと一緒に摂る事で、さらに効果が高まる栄養素です。

 

ヒマワリ油などの植物油やアーモンドなどのナッツ類のほか、ウナギやカボチャにも含まれています。

 

また、日焼けが全身に及ぶ場合には、肌全体が乾燥していることが考えられます。しっかりと水分補給をして、身体の内側からも保湿を心掛けましょう。

 

忘れずに美白ケアを行う

赤みやヒリヒリ感などの炎症が治まったら、日焼けのダメージを後に残さないためにも忘れずに美白ケアを行いましょう。最初のうちは、刺激の少ない敏感肌用の化粧品でしっかりと保湿しながら、肌の回復につとめます。ある程度落ち着いてきたら、メラニン生成抑制効果のある、ビタミンC誘導体などが配合された化粧品でケアをするのが良いでしょう。

 

外側からのケアと平行して、美白のための医薬品やサプリメントを摂るのも効果的です。例えば、生薬成分を含めて22種類もの有効成分が配合されたロスミンローヤルなら、シミだけでなく小ジワにも効果的です。そのうえ、生薬の力で新陳代謝や血行が促進されるため、身体全体の回復にもつながります。

 

 

うっかり日焼けはしないのが一番ですが、なかなかそうもいかないものですよね。焼けてしまったら、まずはしっかりと冷やして、それ以上の炎症を起こさないようにする事が大切です。その後は水分や栄養をしっかりと摂り、美白用の化粧品や医薬品などで回復させていきましょう。

関連ページ