女性の薄毛は老化が原因?改善するおすすめの方法は?

薄毛や抜け毛と言えば、すぐに男性を連想する人が多いでしょう。ですが、最近では女性にも薄毛の悩みを抱える人が増えています。女性が薄毛になるのは老化が原因と思われがちですが、年齢を重ねた世代のみならず、比較的若い世代にも急激に広がっています。

 

対策を間違えるとかえって悪化することもある薄毛は、どのような原因で起こるのでしょうか。おすすめの改善方法と合わせて紹介します。

 

女性が薄毛になる原因

女性が薄毛になる原因は加齢を含めて複数あります。男性の薄毛が、男性ホルモンの変化や遺伝的要素に強くかかわりがあるのに対し、女性の場合はホルモンバランスの乱れに加え、食事を含めた日常生活の影響で薄毛になりやすくなります。

 

主な原因をひとつずつ見ていきましょう。

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンのひとつエストロゲンには、髪の毛の成長を促し豊かに保ち、髪の毛の成長期間を持続させる働きがあります。女性ホルモンがバランス良く分泌されていればヘアサイクルが整い、健康な髪がしっかりと育ちます。

 

ところが心身への過度なストレスや無理なダイエット、更年期障害などでエストロゲンが減少すると、健康な髪が育ちにくくなり薄毛や抜け毛が起こります。

 

食生活の乱れ

特別肥満ではない女性がダイエットと称して自己流の食事制限を行うと、身体を維持するための栄養が不足することがあります。そのため髪への栄養が十分に行き届かず、結果として髪が細くなったり薄毛になったりします。

 

ストレス

適度なストレスは、人のパフォーマンスやモチベーションを高める刺激になります。しかしストレスがたまり過ぎてしまうと、自律神経やホルモンバランスが崩れ、全身の血行が悪くなったり心身の働きが乱れたりします。その結果、毛髪への栄養補給が不十分となり薄毛になってしまいます。

 

また、薄毛になったという事実がさらにストレスとなり、ますます薄毛が進むこともあります。

 

喫煙

喫煙による薄毛への影響は複数確認されています。まずニコチンによる血管収縮およびビタミンEの破壊で血流が低下し、髪を育てるのに必要な酸素や栄養が行き届かなくなります。そして喫煙は肌の水分を奪うため、頭皮も乾燥し髪が抜けやすくなります。

 

またそれだけでなく、喫煙による体内の抗酸化物質の減少、活性酸素の増加が起こり、頭皮の皮脂が過剰に増え抜け毛の原因になります。

 

過度なシャンプーやヘアケア

頭皮の洗いすぎは、必要な皮脂までも洗い落とすことになり育毛には逆効果です。コンディショナーやトリートメントなどを使用して、洗い流しが不十分だった場合にも毛穴が詰まることがあります。また、パーマやヘアカラーなどに使われる薬剤は、髪にも頭皮にも大きな負担がかかります。

 

くり返し使うことでダメージが蓄積され、薄毛や抜け毛の原因になります。

 

女性の薄毛を改善するおすすめの方法

女性の薄毛の原因の多くは、日常生活やヘアケアの見直しなど自分の意思で改善できるものです。薄毛や抜け毛の予防や改善におすすめの方法を挙げます。

 

更年期への対処をする

更年期の影響で薄毛になっている場合は、減少したエストロゲンの働きをう補うことにより改善が期待できます。特にエストロゲンと似た働きをするとされる大豆イソフラボンの摂取は、薄毛をはじめとした更年期の不調を改善するのに役立ちます。

 

ただし、大量に摂れば良いというわけではないので、サプリメントなどで摂取する場合には摂りすぎないように注意しましょう。

 

大豆イソフラボンの取りすぎに注意

サプリメントなどで大豆イソフラボンを過剰に摂ると、女性ホルモンのバランスが崩れることが指摘されています。月経がある女性では周期の遅れが見られることもあります。

 

1日あたりの大豆イソフラボン摂取目安量は上限が70~75mgで、そのうち特定保健食品やサプリメントなどから摂るのに望ましい量は1日30mgまでです。大豆食品100g中の平均含有量は、豆腐で約20.3mg、納豆なら73.5mg、豆乳では24.8mgです。納豆なら1パック50gのものであれば約36mg摂れます。

 

健康のためにも大豆イソフラボンを摂る場合は、サプリメントなどよりもこうした大豆食品を食事に取り入れる方が良いでしょう。

 

食生活を改善する

バランスの良い食生活は、健康的な髪と頭皮への近道です。髪の毛はケラチンというタンパク質を主成分に作られています。タンパク質はアミノ酸で構成されているので、肉や魚などの良質なアミノ酸や、健康な髪の成長を促進させ新陳代謝を促すビタミンやミネラル類を含む食材を積極的に取り入れましょう。

 

良質なアミノ酸が含まれる食品

アミノ酸をバランスよく含んだ食品には次のようなものがあります。

 

  • 肉(牛、豚、鶏など)
  • 鶏卵
  • 魚介類(あじ、さけ、かつお、いか、シジミなど)
  • 乳製品(牛乳、チーズ)
  • 野菜、果物(さつまいも、とうもろこし、しいたけ、キウイなど)
  • 大豆

 

ビタミン類

各種ビタミンとそれぞれの作用、多く含まれる食品には次のようなものがあります。

 

ビタミンA

血行促進や保湿効果があり、頭皮の環境改善に良いです。人参、ニラ、パセリ、バジル、うなぎ、レバーなどに多く含まれます。

 

ビタミンB

ビタミンB6はタンパク質から髪を作り出し、ビタミンB12は頭皮の毛母細胞を活性化します。レバー、まぐろ、いわし、サンマ、ニンニク、 いくら、たらこ、シジミなどに多く含まれます。

 

ビタミンC

活性酸素を抑え血管を丈夫にする働きがあり、頭皮に酸素や栄養が運ばれやすくなります。レモンやキウイ、パプリカ(赤)などに多く含まれます。

 

ビタミンE

血管を拡張させ血液の循環を改善する働きのあるビタミンEは、脂質の酸化を防ぎ、ストレスや生活習慣病も予防します。ごま油など植物性の油、ピーナッツやクルミなどのナッツ類に多く含まれます。

 

ミネラル類

抜け毛の予防や薄毛の改善に効果的なミネラルには、亜鉛や鉄分、カルシウムやヨウ素などがあります。

 

亜鉛

ホルモンバランスを整え、細胞の活発な新陳代謝を促します。牡蠣、ニシン、鶏肉、豚肉、レバー、チーズなどに多く含まれます。

 

鉄分

血中のヘモグロビンの生成補助や頭皮の血行を促進します。ヘム鉄である肉類やイワシ・アサリなどの魚介類、非ヘム鉄である豆類やほうれん草、パセリなどの緑野菜、海藻類に多く含まれます。ビタミンCと一緒に摂ると良いです。

 

カルシウム

脳神経細胞を活性化し、イライラを抑えることでストレス軽減につながるので抜け毛予防になります。乳製品、海藻類、ゴマ、煮干し、緑黄色野菜などに多く含まれ、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率が高まります。

 

ヨウ素

身体の代謝に必要な甲状腺ホルモンの合成に使用されます。ヨウ素が不足すれば健康な髪は作られません。昆布やワカメなどの海藻類のほか、鶏卵やにんにく、大根葉やクレソンに含まれます。

 

ストレスをためない

ストレスがたまった状態が続くと体は常に緊張を強いられ、自律神経の乱れから血行不良が起こりやすくなります。日々の生活の中でストレスを完全になくすことはできませんが、休みの日にスポーツをしてみる、趣味の時間を充実させるなど、自分なりの気分転換の方法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

 

窓を開けて部屋の空気を入れ替えるだけでも、気持ちをリフレッシュできます。

 

十分な睡眠を取る

就寝中の人の身体は、日中に受けたダメージを修復する成長ホルモンや免疫細胞の働きが活発になります。特に成長ホルモンが十分な働きをしていれば、頭皮の毛母細胞も活性化して発毛が促されます。成長ホルモンは眠り始めから約3時間の間に分泌され、その間いかに深い眠りがとれているかが大切です。

 

寝る直前には、睡眠を妨害する次のような行為は控えましょう。

 

  • 喫煙
  • アルコールやカフェインを摂る
  • 強い光、ブルーライトを浴びる
  • 満腹感を得るような食事
  • 激しい運動

 

ヘアケア方法を見直す

毎日当たり前のようにしているシャンプーも、間違った方法で行えば薄毛を進行させることになりかねません。シャンプーは1日1回までとし、朝よりも夜に行うのがおすすめです。

 

寝ている間は体温が下がるため、毛穴まわりに汚れや皮脂がついたままでは固まって落としにくくなります。

 

また、白髪染めを含むヘアカラーを頻繁に使用している人は、回数を減らすか髪や頭皮により刺激の少ないものを選びましょう。

 

正しい頭の洗い方

正しい頭の洗い方を順に紹介します。

 

1.ブラッシング

髪をお湯で濡らす前にブラッシングをして、ある程度ほこりや汚れを除きます。髪が長い人はまず毛先をほぐしてから頭全体を梳かします。頭頂部からいきなり梳かすと毛先が絡みやすくなり、不要なダメージを与えてしまうので避けましょう。

 

2.予洗い

ブラッシングで髪の指通りを良くしたら、ぬるま湯で頭皮と髪をすすぐ予洗いをします。この予洗いで汚れの8割は落とせるので、1~2分かけしっかりと行いましょう。お湯の温度は38℃前後がベストです。あまり高い温度にしてしまうと頭皮や髪が乾燥し、かゆみの原因になったり薄毛が進んでしまったりします。

 

3.シャンプー剤は頭皮に優しく

丁寧なブラッシングと予洗いで髪の汚れはほとんど落ちているので、次はシャンプー剤で頭皮を洗っていきます。適量のシャンプーを手のひらに取り、水やぬるま湯を少し加えて伸びを良くします。そのまま髪の間に下から上へ指を差し入れ、頭皮に優しくつけましょう。この時泡立てる必要はありません。

 

手のひらで十分に泡立てたっぷりの泡で優しく洗うという根強い意見もありますが、それでは地肌まで泡が届きにくく十分に洗えません。

 

洗う時には決して爪を立てたり強くこすったりせず、指の腹全体でかるく撫でるように行います。頭全体を撫で洗いし終わったら、頭皮を揉みこむように指で強く押すのも良いでしょう。毛穴まわりの余分な皮脂を浮かせて落としやすくできます。

 

頭皮の下には筋肉がなく自分で動かすことはできないので、指で押したり揉んだりすることでマッサージ効果が得られ血行も良くなります。

 

4.しっかりと洗い流す

ひと通りシャンプーをしたら、しっかりと洗い流します。泡が見えなくなってもシャンプー剤はまだ残っています。髪よりも頭皮を洗い流すつもりで行いましょう。

 

育毛剤を使用する

薄毛の予防や改善に育毛剤を使用する人も多いでしょう。自宅でできる対策としても良い方法です。

 

ここで注意したいのが育毛剤の選び方です。必ず女性用の育毛剤を選びましょう。男性用育毛剤と女性用育毛剤では含まれる成分や効果が違うからです。

 

男性用:男性ホルモン抑制成分、血行促進成分、皮脂分解成分、抗菌成分など。
女性用:栄養成分、イソフラボン、保湿成分など。

 

女性の頭皮は男性に比べ皮脂分泌が少なく刺激にも弱いため、男性用育毛剤では強すぎてデメリットの方が大きくなります。

 

 

女性の薄毛には、老化以外にも生活習慣など様々なことが要因になりますが、そのほとんどが自ら改善していけることです。一度にあれもこれもと焦るよりも、できることから一つずつ取り入れていきましょう。

 

関連ページ