肌トラブルの種類(症状)は?原因の1つ血行不良に注意

シミやそばかす、肌荒れやニキビなど、日常的に起こるものから加齢により起こりやすいものまで、肌トラブルの種類や症状はさまざまです。血行不良が肌トラブルの引き金になる事もあります。

 

何が原因で起こり、どのような対策をすれば良いのかを知っておけば、トラブルを未然に防いだり、適切なケアで早めの回復につなげたりする事ができます。この記事では、肌に起こるトラブルの種類や症状、その原因と対策についてを解説します。

 

シミの種類、原因と対策

顔にシミがある、それだけで老けて見えたり、なんとなく肌が汚く見えたりしてしまい、鏡に向かうのも憂うつになりがちです。シミと言えば日焼けの代償のように考えがちですが、シミにはいくつかの種類があり、原因も異なります。シミの種類とその原因、対策方法を正しく理解しておきましょう。

 

肝斑の原因と対策

肝斑は一般的に30代~50歳前後の女性に多くできます。額や頬・鼻の下に、左右対称に現れるのが特徴です。紫外線が原因で起こる普通のシミと違って治療が難しく、少々厄介です。

 

原因

肝斑ができるのは、主に女性ホルモンの乱れが原因だと考えられています。そのため、妊娠でホルモンバランスが崩れた場合に現れたり、経口避妊薬の服用やホルモン補充療法の経験者では、発症リスクがアップする場合があります。

 

また、日常的にストレスの多い人や、ゴシゴシと肌をこする人も、肝斑が出る事があります。

 

対策

肝斑はその他のシミと混在している場合が多く、自己判断が難しいシミです。気になったらまずは医師の判断を仰ぐのが良いでしょう。自己判断で対策を誤ると、かえって広がったり濃くしてしまったりする事もあります。肝斑であると確定したら、処方薬や、肝斑に効果的な市販薬などで治療をしていきます。

 

もちろん紫外線ケアも大切です。日焼けを防ぐことは、再発の防止にもつながるので、日焼け止めなどを使用しましょう。

 

老人性色素班の原因と対策

シミの中で一番多く、「日光性黒子(にっこうせいこくし)」とも言われます。一般的にシミと言えば、老人性色素班を指します。

 

主に20代後半から30代で目立ち始め、初めは薄茶色だったものが、だんだんと濃くはっきりとしてきます。頬やこめかみ・手の甲など、よく日に当たる部分にできやすいのが特徴です。

 

原因

今までに浴びてきた紫外線の積み重ねが原因でできます。通常は、ターンオーバーと共に排出されるメラニン色素が、加齢や肌の血行不良による代謝の低下や、紫外線を過剰に浴びたなどの理由で、色素沈着を起こします。

 

対策

最も有効な防止対策は、紫外線を浴びないことです。日焼け止めをこまめに塗り、UVカット加工がされた日傘や帽子・サングラスなどを使用しましょう。また、抗酸化作用のある食物を摂り入れるのもおすすめです。メラニン生成を抑えるビタミンCやL‐システインは、特に効果的です。

 

炎症後色素沈着の原因と対策

虫刺されやかぶれ・ニキビや傷で、肌に炎症が起こった後に色素沈着してしまったものを指します。また、顔や体を洗う時に力を入れて擦るとなりやすく、ムダ毛処理で起こる場合もあります。

 

原因

肌に炎症が起こるとメラノサイトが刺激を受け、黒色メラニンが生成されます。その黒色メラニンが、代謝リズムの崩れなどで正常に排出されずに残り、シミになります。

 

時間経過とともに消えていきますが、場合によっては数年かかることもあります。また、色素沈着の部分が日焼けをするとより目立つようになり、消えにくくなる場合があります。

 

対策

紫外線に当たると色素沈着を起こしやすくなるため、炎症部分は極力日に当てないようにします。ニキビ治療をする時には手でいじらず、UVケアもプラスすると良いでしょう。日頃から肌に負担をかけないようにすることも大切です。その他、メラニンを抑えるビタミンCや肌の血行を良くするビタミンEの摂取で、ターンオーバーのリズムを整えるようにしましょう。

 

雀卵斑(そばかす)の原因と対策

そばかすは、その状態がスズメの卵殻の模様に似ていることから雀卵斑(じゃくらんはん)と言われます。遺伝要素の強い先天的なそばかすと、後天的なものに分けて考えられるのが一般的です。

 

先天的のものは幼少期からあるのが特徴で、薄茶や黒に近い茶色の小さな斑点が、鼻を中心に散らばります。人によっては肩や腕、背中などに及ぶこともあり、春から夏にかけて濃く、秋から冬の間は薄くなります。

 

後天的なものは、思春期以降の大人になってからできるものを指します。

 

原因

先天的なそばかすは、遺伝によってできるシミだと言われており、家族にもそばかす保有者がいる事が多いです。一般的に5~6歳ごろからでき初め、思春期にかけて一旦濃くなり、以降は徐々に薄くなりますが、個人差があります。

 

医学的に言う「雀卵斑」は、先天的ににできるそばかすを指し、後天的にできるものは正確には小さな点状のシミの集まりです。原因も、紫外線や普段のライフスタイルによるものが中心です。

 

また、先天的なそばかすとは違い、できてしまうと消えにくく、改善には時間も手間もかかります。

 

対策

遺伝として現れるものは、完全に防ぐのは難しいところがあります。どちらのそばかすも紫外線の影響で濃くなる傾向があるので、日焼け止めや帽子などでUVカットを心掛けましょう。

 

その他、身体の内側からの対策として、過剰なメラニン生成を抑えるためのビタミンCや、肌の血行を促し、ターンオーバーによるメラニン排出をサポートするビタミンEの摂取がおすすめです。

 

後天的なそばかすの対策には、栄養不足や睡眠不足、スキンケア方法や過度なストレスなどがないか、日ごろの生活習慣を見直す事が大切です。

 

肌荒れの症状、原因と対策

肌荒れと一口に言っても、症状はひとつではありません。吹出物、赤みやかゆみ、乾燥などさまざまあり、原因もそれぞれ違います。また、症状の現れかたも、単独の場合やいくつか重なる場合があります。

 

肌荒れが起こる原因はいくつかありますが、主に「ホルモンバランスの乱れ」、「肌のターンオーバーサイクルの乱れ」、「バリア機能の低下」の3つが大きくかかわっています。また、顔の肌荒れにはできやすい場所があり、どこが荒れているかで、ある程度の原因を予測することができます。

 

  • おでこや髪の生え際:ホルモンバランスの乱れ、洗顔料やシャンプーの洗い残し、前髪の刺激
  • 頬付近:胃腸や肝臓の疲れ、便秘、肌の乾燥
  • 口のまわりや顎:胃腸の疲れ、便秘、ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れ

肌の調子とホルモンバランスは密接に関係し、女性の場合は月経が大きく影響します。

 

原因

月経前になると、女性の身体は黄体ホルモンが増えます。この黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きをするため皮脂が増えて肌が脂っぽくなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなる事があります。

 

反対に、月経が終わって1週間もすると、今度は卵胞ホルモンが優勢になり、肌のバリア機能がアップしてキメも整ってきます。

 

対策

月経前の肌荒れを少しでも緩和するなら、ホルモンバランスを整えてくれるイソフラボンが効果的です。豆腐や納豆などの大豆食品を、積極的に摂り入れましょう。

 

また、血行を促して肌を元気にしてくれるビタミンEも良いでしょう。ビタミンEは、カボチャやナッツ類、植物油などに多く含まれています。

 

その他、月経前にはなるべくストレスをためない事が大切です。アロマの香りや好きな音楽、軽い運動など、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけましょう。

 

ターンオーバーサイクルの乱れ

ターンオーバーとは、言い換えれば表皮の新陳代謝の事です。表皮の基底層で生まれた新しい肌細胞は、成長しながら表面へと押し上げられ、古くなった表皮はアカとなってはがれ落ちます。この一連のサイクルがターンオーバーです。

 

身体の部位や年齢によっても異なりますが、だいたい28日~56日程度で行われ、30代~40代では45日ほどと言われています。加齢によって徐々に遅くなっていくのが特徴です。

 

原因

ターンオーバーのサイクルは、早すぎても遅すぎてもトラブルの原因になります。早すぎれば、細胞が未熟なまま表面化するためざらつくようになり、水分保持が難しくなった肌は乾燥していきます。

 

反対にサイクルが遅すぎれば、はがれ落ちるはずの古い角質が残ってしまうため、肌がごわついたりくすんで見えたりします。ターンオーバーのサイクルを乱す原因には、次のようなものがあります。

 

サイクルを遅くする原因

 

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 冷え症
  • 無理なダイエット
  • 加齢

 

サイクルを早める原因

 

  • 洗いすぎ
  • 肌に合わないスキンケア製品
  • 過度なピーリング
  • 紫外線の影響

 

対策

ターンオーバーのサイクルを正常にするには、生活を規則正しくし、ビタミンやミネラルなど、身体に必要な栄養素をしっかりと摂る事が重要です。特に、皮膚の健康維持やターンオーバー正常化に役立つ、ビタミンB群やビタミンC、A、血行促進効果で栄養を行き渡らせてくれるビタミンEは、積極的に摂りたいビタミンです。

 

サイクルが遅すぎて古い角質が残ってしまっている場合には、適度なピーリングも効果的です。ただし、やりすぎれば逆効果になるので、ホームケアをする場合には十分に注意しましょう。

 

ターンオーバーが早すぎて肌が乱れている場合には、ワセリンや刺激のないクリームで表面を丁寧に保護し、洗いすぎなどに気を付けながら回復を待ちましょう。

 

バリア機能の低下

肌表面にある角質層には、うるおいを蓄えて乾燥や外部刺激から肌を守る、バリア機能が備わっています。しかし、角質層の厚さはわずか0.02mmしかなく、ちょっとした刺激でバリア機能が低下する事があります。

 

原因

バリア機能を低下させる原因には、直接的なものと環境的なもの2種類があります。直接的な刺激には、洗顔のしすぎ、ピーリング、熱いお湯、肌に合わない化粧品などがあり、環境的な刺激としては、紫外線や花粉、PM2.5などの大気汚染が挙げられます。

 

対策

角質層の保護のために、肌への強い刺激を避けましょう。特に、温度の高いお湯での洗顔は肌の油分を必要以上に奪い、さらなる乾燥を招きます。

 

環境的な刺激には、花粉対策や紫外線対策を万全にしましょう。運動で血行や発汗を促すことも効果的です。その際、汗を流した後には十分な保湿を心掛けましょう。

 

ニキビの症状、原因と対策

ニキビには、思春期にできやすいものと、大人になってからできる吹き出物と呼ばれるものがあります。そして、それぞれ原因やできる場所が違います。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビは、12~13歳ごろの二次成長期に現れはじめます。高校生のあたりでピークを迎え、その後、二次成長期が終わるのと共に治まっていくのが特徴です。

 

原因

成長期特有の、皮脂の過剰分泌がひとつの要因です。思春期には、成長ホルモンや性ホルモンの分泌が盛んになり、その影響で皮脂分泌量も増加します。過剰な皮脂によって詰まった毛穴に、ニキビの原因菌であるアクネ菌が入り込み、皮脂分解をして炎症を起こします。

 

そのほか、受験や友人関係・食生活の乱れなど、日常のストレスが原因でできる事もあると言われています。

 

対策

思春期ニキビができてしまった場合には、洗顔をこまめに行い、余分な皮脂が毛穴に詰まらないようにすることが重要です。ただし、皮脂には肌の保護効果があるため、力を入れたり洗いすぎたりしないようにしましょう。

 

また、肌に雑菌がつかないように、枕などの寝具や直接肌に触れるものを清潔に保ち、前髪などが顔にかからないようにしましょう。食事の際には、脂肪分の多いものや香辛料などの刺激物を控えるのも効果的です。

 

普段から規則正しい生活を心がけ、できるだけストレスを避けるようにする事は、思春期ニキビの予防にもつながります。

 

大人ニキビ

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、できる場所です。Tゾーンを中心に広がる思春期ニキビに比べ、大人ニキビができるのは顎や口の周りのUゾーンが中心です。生理前にできやすい、ニキビ自体が乾燥している、同じところにくり返しできるといった特徴があります。

 

原因

大人ニキビができる主な原因は、肌の乾燥と蓄積された古い角質です。食事を含めた不規則な生活や飲酒・喫煙、ストレスや間違ったスキンケアなど、複数の要素の重なりでホルモンバランスが乱れ、肌の代謝機能が落ちます。

 

ターンオーバーが遅くなった肌は乾燥し、硬くなった古い角質が毛穴をふさぎます。そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、大人ニキビになります。

 

対策

大人ニキビの対策としては、日常生活の改善が一番の近道です。十分な睡眠や栄養をしっかりと摂り、ターンオーバーの正常化につとめましょう。

 

特に、喫煙や無理なダイエット、冷え症がある場合には血行不良になりやすく、肌に必要な栄養を十分に届けられない恐れもあります。できる限りこれらの要因を取り除く事が、予防にもつながります。

 

また、肌に合わないスキンケア製品や洗いすぎ、顔を擦るような洗顔は、肌をさらに乾燥させかねません。洗顔は1日に2回程度にする、ゴシゴシと擦らないなど、刺激を与えないようにしましょう。

 

背中ニキビにも注意

顔以外にも、背中にできるニキビに悩まされる人も意外に多いです。背中は皮脂分泌が盛んに行われ、毛穴が詰まりやすい場所です。また、衣類の擦れや、入浴の際のシャンプー・コンディショナーの洗い残しが、ニキビの原因になる事もあります。

 

一度できると治りにくいので、予防をするのに越したことはありません。顔のニキビと同様に清潔を心掛けましょう。ただし、皮脂を落としたいあまりに必要以上に擦り洗いをするのは、肌を傷める原因にもなるので避けてください。

 

汗ばむ時期には、こまめに着替えるなどして、かいた汗をそのままにしない事が大切です。対策をしても改善が見られない場合には、洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合っていない場合もあるので、一度見直してみましょう。

 

肌トラブルには、紫外線の影響や代謝の低下、環境的な刺激などそれぞれ原因がありますが、ほとんどのトラブルに対し、食生活や生活習慣の改善が効果的です。生活の改善で大きな効果が得られない場合には、肌に効果がある医薬品やサプリメントを摂るのも、ひとつの方法です。

 

シミや小ジワに効果のあるロスミンローヤルは、生薬を含めて22種類もの成分が配合されています。ニキビなどの肌荒れはもちろん、健康な肌に必要不可欠な血行を促し、冷えを改善する効果もあるのでおすすめです。

 

 

肌トラブルは、誰にでも起こりうるとても身近なものです。不規則な生活による栄養不足や血行不良、間違ったスキンケアによる代謝の低下は、肌トラブルを起こりやすくします。それぞれの対策方法を参考に、肌トラブルを抱えなくてすむ工夫をしましょう。

関連ページ