L-システインの肌への効果(効能)と副作用

ロスミンローヤルに含まれる有効成分のひとつに、L‐システインというものがあります。美白を目的とした医薬品やサプリメントには、ビタミンCと共に高い確率で配合されているので、名前を目にしたことがある人も多いでしょう。

 

そもそもL‐システインとはどのような物質なのでしょうか。ここでは、L‐システインの特徴から、飲んで得られる肌への効果・効能、気になる副作用の有無も合わせて詳しく紹介します。

 

L‐システインの特徴

L‐システインは、人の体内でも合成されているアミノ酸の一種です。グルタミン酸・グリシンと共に、抗酸化作用や解毒の働きを持つグルタチオンを構成する要素でもあります。

 

成人では非必須アミノ酸ですが、乳幼児においては必須アミノ酸として扱われるなど、身体の健康維持には欠かせない成分です。

 

L‐システインの肌への効果

シミは肌が紫外線などによる刺激でメラニン色素を作り、そのまま色素沈着を起こすためにできるものです。メラニン色素の産生自体をブロックできれば、シミの予防につながります。L‐システインには、肌表面と身体の内側の両面でメラニン生成を抑える効果があることから、美白成分として高い注目を集めています。

 

2種類のメラニン

メラニンと聞くと黒いメラニンを思い浮かべますが、メラニンには黒色と黄色つまり肌色の2種類があります。黒色メラニンはシミの元にもなり、反対に黄色メラニンは白く美しい肌を作っています。

 

どちらのメラニンも、原料は非必須アミノ酸のチロシンです。そして、L‐システインにはこのチロシンを黄色メラニンに変化させる働きがあるので、結果として黒色メラニン生成の抑制につながります。

 

身体の内側から美白

肌は内臓の鏡という言葉があるように、内臓機能の低下は肌の状態にも表れます。L‐システインには、肝臓の機能を改善に導く作用もあります。肝臓が健康な状態で働くと、メラニン色素が生成されるのを抑制でき、この作用は顔のシミに特に効果的とされています。

 

L‐システインの副作用

シミを減らし、美しい肌を保つのに効果の高いL‐システインですが、1度に大量を摂取すると、吐き気や腹痛・下痢の症状が起こることがあります。ただし、これは1日あたり1,500mgを超えるような量を摂った場合なので、医薬品やサプリメントの用法・用量を守って服用している分には、あまり心配する必要はありません。

 

大量摂取よりも気を付けたいのは、安全な一定量を長い期間飲み続けた場合の影響です。こうした継続摂取の結果、上記に挙げた副作用とは全く別の症状が表れることがあります。

 

白髪が増える

L‐システインを継続的に摂取すると、髪全体の色合いが黒から茶へと薄くなる、白髪が増える、体毛全体が薄くなるといった事例が報告されています。

 

そもそも、生まれたての髪は色がついていない白髪の状態です。そこからだんだんと伸びていくのに従って、メラニンが色付けをしていきます。ところが、長い期間L‐システインを摂り続けていると、黒色メラニンの生成も継続的に押さえられるため、髪が色付けされずに白髪が増えるなどの症状が出てしまいます。

 

ただし、この現象はビタミンB群のひとつであるビオチンの摂取で、やわらげたり防止できると言われています。

 

紫外線への抵抗力が弱くなる

悪者扱いされることが多いメラニンですが、実際には紫外線から肌を守るという大切な役割を担っています。紫外線を浴びるとメラニン合成が活発になり、肌が黒くなります。そうすることで紫外線を遮断し、表皮細胞核の中のDNAが損傷を受けるのを防いでいます。

 

白い肌を保とうとL‐システインを長期摂取していると、十分なメラニンが生成されずに紫外線からの影響を受けやすくなります。その結果、シミやシワなど肌の老化を招き、場合によっては皮膚がんのリスクが上がることもあります。

 

長期に渡ってL‐システインを摂り入れる場合には、日焼け止めや日傘などで紫外線を防いだり、抗酸化作用の高い栄養素を積極的に摂ったりするなどの工夫をした方が良いでしょう。

 

L‐システイン配合のシミ、シワ対策医薬品

シミやシワへの対策として販売されている医薬品の多くに、有効成分としてL‐システインが配合されています。ここでは、その中から5つの商品を紹介します。

 

ロスミンローヤル

大阪市にある老舗薬品会社「米田薬品株式会社」が製造、「株式会社アインファーマシーズ」が販売しています。

 

L‐システイン160mgをはじめとしたアミノ酸や様々なビタミン類、9種類の生薬を含む22種類の有効成分が配合されています。シミだけでなく、国内で唯一シワへの効果が認められているほか、女性に多い冷え症や肩こり・腰痛などの症状にも効果があります。

 

1箱に30日分270錠が入っており、1回量の3錠を1日3回食後に服用します。対象年齢は15歳以上で、商品は公式サイトからのみ買うことができます。

 

キミエホワイトプラス

富山県を拠点に事業展開をしている「株式会社富山常備薬グループ」が製造販売しています。

 

1日分量に含まれるL‐システインは240mg、その他の有効成分としてアスコルビン酸およびパントテン酸カルシウムが配合されています。シミやソバカスなどの色素沈着のほか、にきびやじんましん、全身の倦怠感や二日酔いにも効果を発揮する商品です。

 

1箱31日分で93錠入っており、1回1錠を1日3回毎食後に服用します。服用年齢は15歳以上が対象で、商品の販売は公式サイトでのみ行っています。

 

チョコラBBルーセントC

東京都文京区に本社を置く、エーザイ株式会社が製造販売しており、各種通販サイトやドラッグストアなどで買うことができます。

 

1日量6錠中に240mgのL‐システインを含むほか、アスコルビン酸やリボフラビンなど合わせて6種類の有効成分が配合されています。シミ・そばかすなどの色素沈着の緩和をメインに、ビタミンCの補給、鼻出血や歯茎出血の予防などに効果がある医薬品です。

 

1箱60錠入り・120錠入り・180錠入りの3包装があります。1日3回食前または食後に次の用量で服用します。

 

  • 15歳以上:2錠
  • 7歳以上15歳未満:1錠
  • 7歳未満:服用しない

 

システィナC

東京都中央区に本社がある「第一三共ヘルスケア株式会社」が製造販売をしており、ドラッグストアや各種通販サイトで買うことができます。

 

1日分6錠に含まれるL‐システイン量は240mg、その他にアスコルビン酸、ピリドキシン塩酸塩、パントテン酸カルシウムが配合されています。シミやソバカス、かぶれなど色素沈着の緩和や鼻や歯茎からの出血予防のほか、肉体疲労時などのビタミンC補給に用いることができます。

 

1箱80錠入りと210錠入りがあり、1日3回食前か食後の服用で1回の量は次の通りです。

 

  • 15歳以上:2錠
  • 7歳以上15歳未満:1錠
  • 7歳未満:服用しない

 

トランシーナホワイトC

こちらも「第一三共ヘルスケア株式会社」が製造販売する、ビタミンC主薬製剤です。通販サイトやドラッグストアで買うことができます。

 

1日量6錠の中に、メラニン生成を抑えるL‐システイン240mgや、その他アスコルビン酸などのビタミン類が合わせて5種類配合されています。シミやソバカスなど色素沈着の緩和をメインに、歯茎や鼻の出血予防や体力低下時などのビタミンC補給に用いることができます。

 

1箱90錠入りと180錠入りがあり、服用回数は朝夕1日2回で1回の服用量は次の通りです。

 

  • 15歳以上:3錠
  • 7歳以上15歳未満:1錠
  • 7歳未満:服用しない

 

L‐システインが配合された医薬品の多くが、シミやソバカスを緩和する目的で作られたビタミンC主薬製剤です。ロスミンローヤルのL‐システイン配合量は160mgと若干少なめですが、シミだけでなく小ジワにも効果があるので、特に小ジワで悩んでいる人にはおすすめです。

 

 

メラニン生成を抑制する作用があるL‐システインは、美白を目的とした医薬品の多くに配合されています。抗酸化作用などもあり、健康な身体の維持には欠かせません。シミ対策などで摂り入れる場合には、継続摂取による白髪の増加や紫外線の影響を受けやすくなるなどの症状には十分に注意しましょう。

関連ページ