アンチエイジングのためにお風呂で行うスキンケア方法

若々しい肌を保つためには、アンチエイジングが欠かせません。マッサージをしたりクリームを塗ったりする外側からのケアのほか、内側から食事やサプリメントで栄養を補う方法があります。

 

今回は、お風呂で簡単に毎日続けることができるスキンケア方法を紹介します。美を特に意識しているモデルや芸能人も、お風呂でケアしているそうですよ。あなたも今日から、お風呂を有効活用してみましょう。

 

お風呂でできるスキンケア方法

 

お風呂に単純に入るだけではもったいないです。お風呂は身体の内側からデトックスしたり、外側から肌に働きかけることができるため、アンチエイジングのスキンケアをするのに、とてもおすすめの場所です。

 

古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わる肌の新陳代謝=ターンオーバーは、年齢と共に乱れやすくなります。ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちにくくなって、潤いを保つことができなくなったり、シミやシワといった肌トラブルの原因になったりします。

 

このターンオーバーを整えてくれるのがお風呂です。お風呂に浸かると血行が良くなるので、肌の新陳代謝が高まります。そのためシャワーでサッとすまさずに、次に紹介する方法をぜひ試してみてください。お風呂の時間を有効に使ってアンチエイジングし、若々しい肌と身体を手に入れましょう。

 

おすすめ入浴方法

 

湯船の温度は、少しぬるいなと感じる38℃~40℃くらいが適温です。このぬるま湯に、じんわりと汗をかいてくるまで、肩までゆっくりと浸かりましょう。汗をかくことで肌の新陳代謝が高まるとともに、老廃物を外に出してくれる効果が得られます。

 

また、ゆっくりとぬるま湯に浸かることは自律神経を整える作用もあるので、ストレスや疲労を取り除く効果も期待できます。身体も心も軽くなるでしょう。

 

もっと新陳代謝を高めたい人におすすめなのは、半身浴です。みぞおちくらいまでお湯に浸かり、本を読んだり音楽を聴いたりしてリラックスしてゆっくりと過ごしましょう。肩まで入るよりも下半身を温めることができるため、デトックス効果が高まってさらに心身ともにリフレッシュできます。

 

ゆっくりと入浴するときは、必ず水分補給を行いましょう。新陳代謝が良くなって汗をかくと、身体の水分が奪われてしまうので、こまめに水分を摂ることが大切です。水分を補うとさらに汗が出やすくなり、老廃物の排出が促されます。

 

おすすめ入浴剤

 

入浴剤をお風呂に入れると、気分が上がっていつもとは違うお風呂タイムになりますね。たくさんの種類が販売されているので、あなたが好きな色、好きな香りなど、いろいろと試してお気に入りのものを見つけると良いでしょう。

 

アロマの香りがあるものはリラックス効果を高めてくれ、身体を温める成分が配合されているものはリンパを刺激してくれます。日替わりで入れるとお風呂に入るのが楽しくなるでしょう。

 

入浴剤は、家にあるもので簡単に代用することもできます。市販の入浴剤に抵抗がある場合は、次に紹介する方法を試してみてください。

 

  • 日本酒カップ3杯程度
  • 重曹おおさじ5杯程度
  • 米ぬか500g

 

いずれか、家にあるものを直接湯船に入れてしまいましょう。さらにお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴垂らせば、あなただけの快適な入浴剤のでき上がりです。日本酒には、肌の新陳代謝を高める効果と適度な保湿効果があります。高価なものを少し入れるよりも、安価なもので良いのでたっぷり入れることが大切です。

 

重曹は掃除や洗濯にも使われるように、とても高い洗浄効果があります。毛穴の詰まりや全身のくすみを取り除き、身体をキレイにすることができます。入った後にすっきりとするでしょう。

 

米ぬかには、肌を美白し、潤いを与える効果が期待できます。エッセンシャルオイルは特に決まりはないので、あなたのお気に入りの香りを選んでください。ただし、アレルギーがある人は注意が必要です。よくあるのが柑橘類で、なかには肌にピリピリとした刺激を感じてしまう人もいます。

 

湯船に入れる前に洗面器に入れて、アレルギー反応が出ないかチェックしてから使うようにしましょう。

 

お風呂で行うマッサージ

 

ゆっくりとぬるま湯に浸かっているだけでも効果的ですが、マッサージをすると老廃物を外に出すことができ、さらにアンチエイジング効果がアップします。湯船に入ってすぐにではなく、身体の芯からある程度温まり、汗が出てからマッサージを行うようにしましょう。

 

首や顔をすっきりさせたい人におすすめ

 

首の横を触ってみて固くなっていたり、ゴロゴロとした違和感があったりする場合は、リンパが詰まっている証拠です。リンパの流れをスムーズにすると、血行が良くなって老廃物を排出することができます。

 

リンパを流すことをイメージしながら、数回、左右の首の横から鎖骨に向かって両手全体を下におろしていきましょう。少し痛いけど気持ちが良い程度の強めの圧を加えながら、ゆっくりと行ってください。

 

目元のたるみが気になる人におすすめ

 

下瞼の外側から内側へ、そして上瞼へと、ゆっくりと圧力をかけつつ目の周りを一周させます。手の人差し指の腹を使って、両目を同時に行います。変なシワができてしまうため、力を入れすぎないようにしましょう。

 

上半身をすっきりさせたい人におすすめ

 

グーにした手を、脇のへこんでいる部分に入れ込んでぐりぐりと押します。右脇は左手で、左脇は右手で行います。脇のリンパの流れが良くなり、続けていくことで上半身がすっきりとしてくるでしょう。

 

お風呂はアンチエイジングをするのに最適な場所です。いきなりすべてをやろうとすると続かないこともあるため、紹介した中から「これなら自分にも簡単にできそう!」というものを一つ選んで、習慣にするクセをつけましょう。続けることで肌がみるみる若々しくなり、お風呂に入るのがもっともっと楽しみになりますよ。

関連ページ