そばかすの原因やケアは?消す方法や薄くする方法はないの?

シミと並んで気になる症状のひとつにそばかすがあります。見た目が雀の卵の表面にある模様に似ていることから、医学用語では雀卵斑(じゃくらんはん)と言われます。そのほとんどが顔面に現れるため、子どもから大人まで多くの人がコンプレックスとして捉えがちです。

 

そもそも、そばかすはどうしてできるのでしょうか。気になる原因や消す方法、普段の生活の中でできる、そばかすを薄くする方法について詳しく見ていきましょう。

 

そばかすの原因

そばかすの多くはまぶたや鼻周りを中心に、直径1~4mm程度の細かな茶色い斑点が散らばるようにしてできます。主に赤毛やブロンドの白人に多いとされ、日本人でそばかすがある人も、圧倒的に多いのは色白の人です。

 

そばかすは、子どもの頃からできる「先天的」なものと、思春期以降の大人になってからできる「後天的」の2つに分けられます。そして、そのどちらに当てはまるかによって、原因が大きく異なります。

 

先天的なそばかす

早い人で5~6歳から、多くは10代に入るころから出始め、思春期が終わる頃にはだんだんと薄くなり消えていくのが特徴です。先天的なそばかすの原因は遺伝ですが、そばかすそのものが遺伝するわけではありません。

 

紫外線に弱い、そばかすができやすい体質を受け継いでいるということです。遺伝が原因のため、そばかすがでるのを完全に防ぐことは難しいとされています。

 

また、幼児期にそばかすのような症状がでて、思春期前に数が大幅に増えたり色が濃くなったりする場合には、他の疾患が原因ということもあるので、念のため早めに皮膚科を受診しましょう。

 

後天的なそばかす

思春期を過ぎて以降、大人になってからできるそばかすの最大の原因は紫外線です。その他に、過度もしくは不十分なスキンケア、栄養不足や睡眠不足、ストレスや女性ホルモンの変化なども原因となります。

 

また、医学的に言う雀卵斑とは遺伝要素のあるそばかすを指すため、大人のそばかすはシミと同じ扱いになります。そのため、後天的なそばかすが自然に消えてなくなる事はほとんどありません。

 

そばかすができる過程

先天的であれ後天的であれ、そばかすができる発端となるのは活性酸素です。活性酸素は、体内に侵入した細菌やウィルスを強い酸化力で撃退する役目を持っており、本来無くてはならない存在です。

 

しかし、紫外線やその他の外的要因により量が増えすぎると、メラノサイトを刺激します。刺激を受けたメラノサイトは肌を守るためにメラニン色素を生成、そのまま内部に色素沈着することでそばかすができます。

 

また、思春期を過ぎれば徐々に消えていくはずの先天的なそばかすも、紫外線を強く浴び続けたり、早く消そうと無理なスキンケアをしたりすると、そのまま後天的なそばかすへ移行してしまう場合があります。

 

そばかすを消す方法

そばかす自体は病気ではないので、特別な治療は必要としません。しかし、顔の広範囲にある、色が濃くて目立ってしまうなどの場合、レーザー治療やフォトフェイシャルを利用して消すことができます。それぞれどのような治療なのかを調べてみました。

 

レーザー治療

そばかすの除去に最も効果があると言われているのが、レーザー治療です。レーザーの中でも「Qスイッチレーザー」と言われるものが、最も効果が高いとされています。

 

スイッチレーザーとは、シミやそばかすなどの色素沈着を消すための医療用レーザーです。メラニン色素を持つ細胞にレーザーを当てて破壊し、色素沈着を除去します。そばかすなどの黒い色のみに反応して色素を破壊するので、それ以外の健康な肌にダメージを与える心配はありません。

 

レーザーの1回あたりの照射時間は20ナノ秒(ナノ秒=1秒の10億分の1)とわずかで、そばかすの数や範囲に合わせて治療時間や回数は変わります。レーザーが照射された部分は、一旦白くなった後で赤黒く変色し、1週間から10日前後でかさぶたとなってはがれ落ちます。

 

かさぶたがある間はメイクで隠すことができないため、仕事やその他の大切なスケジュールがある場合には、あらかじめ考慮してから受ける方が良いでしょう。多くの場合、かさぶたが取れた後の色素の再沈着を防止するため、外用の美白剤が処方されます。

 

治療にかかる金額の目安は、そばかすの程度により50,000~200,000円前後です。保険適用外であるため、すべて実費負担となります。

 

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、レーザーよりも波長の弱い光を肌の広範囲に当てて、そばかすなどを除去する方法です。フォトフェイシャルの最大の特徴は、光を照射する際に強さを調節できるところです。

 

強度の光は肌の深い所まで届き、真皮細胞に働きかけて活性化するので、毛穴の開きやシワ・たるみの改善、肌のハリ回復に効果があります。肌の浅い部分で作られているそばかすには中度の光を用い、メラニン色素を破壊していきます。

 

レーザー治療に比べて光が弱いため、そばかすの範囲や色の濃淡によっては複数回の治療が必要になる場合もあります。

 

光を照射した後のクールダウンの時間を含めて、1回の施術時間は30~40分程度、治療費の目安は1回10,000~30,000円前後です。レーザー治療同様に保険適用外なため、全額自己負担です。

 

レーザー治療・フォトフェイシャル共に医療行為なので、施術が受けられるのは皮膚科やクリニックのみです。また、どちらもそれなりに費用がかかる上、除去をした後の紫外線対策が不十分であれば再発を防ぐことはできません。本気でそばかす対策をするなら、紫外線予防を徹底し、過剰なメラニンを作らせない身体の内側からのケアが重要です。

 

そばかすを薄くする方法

そばかすを素早く除去するにはクリニックなどで治療することが必要ですが、今より薄くする、せめてこれ以上濃くしないためのセルフケアをする事はできます。日常的にいくつか気を付ける事で、そばかすのケアだけでなく健康な肌を保つ事にもつながります。

 

紫外線対策を行い悪化させない

紫外線対策は、そばかすケアの必須事項です。そばかすには、紫外線を浴びると濃くなる性質があります。季節を問わず帽子や日焼け止めを使用し、特に紫外線が強まる季節には日傘をプラスすると良いでしょう。

 

また、日焼け止めを選ぶ際にはSPF値に注意してください。海や山へのレジャーは別として、あまり数値の高い製品を使用すると刺激が強すぎて、かえって肌を傷める場合があります。日常的に使うのなら、SPF20~30程度のものをこまめに塗り直す方が効果的です。

 

生活習慣を見直す

後天的なそばかすの場合、紫外線以外にも普段の生活習慣が原因になっていることがあります。それらをひとつずつ見直す事が、そばかすの改善・予防につながります。特に有効なものを挙げていきます。

 

食生活の見直し

栄養の摂取は、肌の健康に大きく影響します。バランスの取れた食事で、ビタミンやミネラルを十分に摂るようにしましょう。特にビタミンCとビタミンEは抗酸化力が強く、そばかすの原因となる過剰なメラニン生成を抑える作用があります。

 

なお、水溶性であるビタミンCは体内に溜めておくことができないため、こまめに摂取する方が効果的です。

 

睡眠の見直し

健康な肌には十分な睡眠をとることも大切です。特に、入眠して3~4時間後は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間帯に深い眠りを得る事が重要とされています。寝る直前までスマホなどを見て、眠りが浅くならないように注意しましょう。夜ぐっすりと眠るために、日中に軽い運動を取り入れるのも良いです。

 

スキンケアの見直し

本来メラニンとは、外部刺激から肌を守るためのものです。そのため、肌に過剰な刺激を与えると、それだけで増えてしまう事があります。スキンケア製品は、自身の肌に合ったものを適量使い、力を入れて擦らないようにしましょう。

 

古い角質を除去するためのピーリングも、摩擦が刺激となりメラニン生成の原因になります。メイク落としや洗顔などでの洗いすぎにも注意しましょう。

 

飲み薬で身体の内側から対策を行う

紫外線対策や生活習慣の見直しと共に、そばかすの緩和に効果的な医薬品やサプリメントなどで、身体の内側から対策を行うのも良いでしょう。最近では、メラニン生成抑制効果の高いビタミンCやL-システインなどが配合された製品が数多く販売されています。

 

中でもおすすめなのが、ローヤルゼリーや9種類の生薬が配合されたロスミンローヤルです。血行促進作用により身体のすみずみまで有効成分が届けられ、そばかすだけでなくシミや小ジワにの改善にも効果的にアプローチできます。

 

そばかすを上手に隠すメイク術

上記に挙げたようなそばかす対策をしても、肌のターンオーバーには一定のサイクルがあるので、薄くなるのには相応の時間がかかります。クリニックで除去するほどでもないけれど、そのままでは気になる場合にはメイクで上手に隠してしまいましょう。

 

コンシーラーで隠す

シミ隠しなどに使われるコンシーラーは、部分用ファンデーションとも言われ、ファンデーションに使われる顔料の濃度を濃くしたものです。ファンデーションを塗った後にプラスすることで、そばかすを目立たなくすることができます。コンシーラーには、カバー力の弱い順に次の4タイプがあります。

リキッドタイプ

液状なので塗りやすく、先端がチップや筆状のもの、チューブタイプのものがあります。

 

クリームタイプ

リキッドタイプよりカバー力があり、チップ・筆状・チューブの他にパレットタイプがあります。パレットタイプには、複数色がセットになったものもあります。

 

スティックタイプ

固形でリップクリームや口紅のような形状をしています。硬いため伸びは良くないものの、カバー力はさらにアップし、そばかすが気になる部分だけを隠すことができます。

 

ペンシルタイプ

その名の通り、えんぴつのような形状で、スティックタイプよりもさらに硬く、油分の少ないコンシーラーです。先端が細いので、そばかすをピンポイントで隠す事ができます。

 

コンシーラーの選び方

どのタイプのコンシーラーを選べば良いかは、隠したいそばかすの範囲によります。顔の広範囲にそばかすがあるなら、リキッドやクリームタイプのように伸びの良いものが便利です。気になる範囲が狭い場合には、ピンポイントで隠せるスティックやペンシルが使いやすいでしょう。

 

また、コンシーラーの色味は、自身の肌よりも若干暗めな色を選ぶのがベストです。明るい色を選んでしまうと、カバーした部分が浮いた感じになり、逆に目立ってしまいます。場所によってそばかすの色の濃さが違う場合には、複数色が入ったパレットタイプを用意しておくと便利です。

 

また、リキッドやクリームタイプのコンシーラーはそばかすがある範囲よりも広めに使い、指先でとんとんなじませるように丁寧にのせた方がよりカバー効果が高まります。

 

貼って隠す

コンシーラーでも隠し切れない場合には、そばかすの上にテープやフィルムを貼って隠す方法があります。シミやニキビ・傷跡などを隠すための製品で、絆創膏のように肌に直接貼りその上からメイクもできます。そばかすが顔全体に広がっている場合の使用は難しいですが、範囲が比較的狭く色が濃い場合などに便利です。

 

テープやフィルムの素材や肌への接着面は、医療用を用いるなど安全面に配慮されています。しかし、あまりに長時間の使用や、同じ場所への繰り返しの使用は、かぶれの原因になる場合もあります。夜はメイクと一緒に必ず落とし、使用前にはパッチテストしましょう。

 

落とし方は、クレンジングで落とせる物や水でふやかして落とすものなど、製品によって違いがあります。

 

ほかのパーツを目立たせて隠す

自分の顔で好きな所や魅力的な所をさらに際立たせるメイクで、気になるそばかすを隠す方法もあります。

 

例えば、鼻まわりのそばかすがあるのならば、口元や眉など他のパーツにポイントを置いて目立たせ、気になる部分に目がいかないようにする事ができます。そばかすを隠すメイク法のひとつとして、取り入れてみましょう。

 

 

そばかすには先天的と後天的の2種類があるのですね。根本原因は違っても、引き金になるのはどちらも紫外線などによる活性酸素です。クリニック等でそばかすを除去する事もできますが、元になる過剰なメラニン色素を作らせない日頃からの対策が何よりも大切です。

関連ページ